幼稚園の先生と絵本

幼稚園において、先生が絵本を読み聞かせるという時間は欠かすことができません。
幼稚園に通う前の小さなうちから、子どもたちは家庭でも絵本を読んでもらっていることが一般的です。

時には、内容がわからないうちからも自分で手に取って、思い思いに眺め声を出すなどしています。
幼稚園にも必ず多かれ少なかれ、絵本が置かれています。

絵本は子どもたちにとって、人生においてはじめてふれる機会がある本であるともいうことができます。
最近は、赤ちゃんに向けた絵本なども出版されるようになりました。

幼稚園教育要領や保育所保育指針の中でも、絵本の存在意義が示されています。
子どもたちは最初、環境の中で絵本自体に興味を持ちます。

それから次第に、絵本の具体的な内容へと関心を持っていくことになります。
やがて絵本が媒介となって広いイメージをふくらませ、豊かな想像力が身についていくようになるのです。

内容については最初から自分一人で理解するということができませんから、そこで先生と一緒に読むことで興味へとつなげていきます。
絵本にも子どもたちが興味を抱きやすいような言葉が使われていて、自分で真似て声に出しやすいものとなっています。

その中で、言葉に関するきまりごとや表現のおもしろさといったことに気づいていき、感覚が磨かれていくということになります。
こういった過程で幼稚園の先生には、まず子どもがふれあう絵本を選定するという役割があります。

多くの子どもたちが知っている絵本としては「ぐりとぐら」、「はらぺこあおむし」などといったさまざまなタイトルがあり、そのほかにも先生にとってはセンスを発揮する機会となるのです。
独自に絵本のことを研究している先生も少なくなく、定期的に絵本を専門にしている書店へ訪れ、先生同士での情報交換などもしています。

また、子どもたちが絵本からイメージをふくらませるためにも、先生の力は欠かすことのできないものです。
そこでは、優れた「読み聞かせ力」が求められることになります。

それとともに子どもたちから質問があればそれに対応するといったように、絵本が子どもたちと先生とのコミュニケーションを盛んにさせる媒体にもなっているのです。
絵本の中での出来事がすべて絵空事ということではなく、時にはその内容を自分が経験していることと結びつけることで、理解が進むということもあります。

そして読み聞かせの機微によって、子どもたちは普段自分が暮らしている生活空間のほかに、まったく異なった世界へと思いをめぐらすことができます。
絵本の登場人物に感情移入することもでき、疑似体験をすることもできるのです。

不思議なことや驚き、感動、悲しみなどさまざまな感情にもふれることで、人の気持ちについても考えることができるようになります。
絵本の世界に深く入り込むことは幼児期において貴重な体験であり、その度合いを左右するものとしてはすなわち、先生の力量が問われるということになります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ