幼稚園の一日

幼稚園の1日は季節や年齢によっても過ごし方が変わってきます。
早朝8時には職員が出勤して門を開き登園準備のため掃除や遊具の安全確認をしたのち、通常保育なら15時までで半日保育なら11時半頃まで園のなかで保育します。

早朝出勤した職員は各部屋や園庭、遊具などの清掃と点検を済ませた後はインフルエンザなど感染症の罹患状況を確認し合い、クラス活動の内容確認や連絡事項など全職員との職員会議が行われます。
クラス担任は自分のクラスの子供たちを受け入れたら、自分たちで荷物を片づけさせてスモックなどに着替えさせた後、午前10時頃から自由遊びを行うところが多くあります。

子供の受け入れは勤務ローテーションによって、バスでお迎えに向かう職員と分かれて子どもたちを受け入れます。
園バスは停留所で子供を乗せるだけでなく保護者と顔を合わせて声をかける大事な時間ともなっており、前日帰宅後から登園までの時間で何か変わったことなどがないかを確認しておきます。

午前10時ごろから自由遊びが行われる園が多くありますが、思いっきり砂場遊びをしたり遊具を使って体をうごかしたり、室内でお気に入りのおもちゃを手に取ったりと子供が無心で自由に遊ぶ時間となります。
午前11時ごろからは一斉活動になりますが、園によっては一斉活動を無くしてすべて自由保育にしているところもあります。

一斉保育では先生と一緒に手遊びや歌を歌うこともあれば、絵画や工作などその年齢に合わせた活動が担任の指導の下で楽しく過ごします。
また特別なカリキュラムを組む私立幼稚園では、英語や体操などがこの時間帯に行われます。

お弁当持参の園、給食対応の園と園によってさまざまですが、午前11時半頃からは昼食の準備が始まり目の前に食事を並べたら挨拶をして食事が始まります。
宗教的な要素のある幼稚園では食べる前にお祈りをするところもあり、園の方針や特色が出てくる一場面でもあります。

昼食が食べ終わった子は片づけをして教室内や園庭に出て自由に遊ぶ時間となりますが、午後2時頃には遊びを切り上げて教室に集まり帰りの会を行います。
帰りの会では翌日の予定を聞いたり絵本を読んでもらったりして、1日遊んだ心と体をクールダウンさせてから帰りの準備をします。

降園時間になるとバス通園の園児はコースごとにバスに乗って帰宅して、徒歩通園の子たちは園庭や教室内で遊びながら保護者のお迎えを待ちます。
幼稚園では通常保育とは別に、入園直後の数週間や運動会などイベント行事の前後、個人面談期間中など園の事情により半日保育がなされる日があります。

午前保育とも言われ、お昼ご飯を食べずに午前11時半頃の降園となりますが、最近では降園時間後に預かり保育、延長保育を実施する幼稚園が増えており、通常保育日も半日保育日も対応することがあります。
保育料とは別途料金がかかりますが基本夕方4時ごろから6時ごろまで、半日保育でもお弁当持参で3時後から夕方まで保育してもらうことができます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ