幼稚園で培われる社会生活の規律

幼稚園は預かってもらえる時間が短いことや通園費用が高いことで敬遠されがちではありますが、通い方やそこで学べることを考えると就学前にしっかりと身に着けておいてほしいことばかりです。
集団行動は自宅内では決して学べませんので、しっかりと集団で行動する大切さや重要性をしっかりと身に着けながら子育てすることができるのが幼稚園です。

幼稚園の大人数のなかでは個人のわがままや考えが通らないこともありますが、それは同時に周囲への気遣いや配慮を学ぶ機会としてとらえることができます。
成長していくと集団の中でどのような行動をとるかが、小中学校や高校生活だけでなく社会生活でもコミュニケーション能力を問われる場面がありますので小さいうちから学ばせる必要があります。

幼い子供同士が生活を共にしていればケンカをすることもありますし、仲の良い友達だけでかたまってしまうようなこともあるかと思います。
しかしそういう状況も社会に出ると当たり前に存在していることですので、少しずつ学んでいくことで社会生活の規律などを身に着けていくことができるでしょう。

幼稚園では同じ年齢の子供や園の先生との対人関係を身につける大切な時間です。
まだまだ初対面の人との接し方がまだわからない場合がほとんどですから、親としても家庭の中でも少しずつ学ばせる機会を活かしていくとよいでしょう。

人数の多い園で通っていると対人関係や対人スキルも身につけることができるので、人見知りする性格なども少しずつ改善していくこともできるでしょう。
少しずつコミュニケーション能力が身についてくるとある程度成長したときにしっかりとした行動をとることができ、魅力的な人間として成長することが期待できます。

幼児は大勢の中で自分の考えなどを表現することができなかったり周囲の人の話をしっかりと聞くことができなかったりしますので、幼稚園の生活の中で少しずつ学んでいきます。
大勢の中での表現方法を身につけることが社会性につながるのですが、その習得率は子供によってかなり異なるのであまり無理して学ばせようとしないでください。

お友達のなかで遊んでいても、かならず苦手な部分というのがでてきますが、そこは叱るのではなく一つの個性として弱点を改善できるよう声をかけてあげてください。
得意な面と苦手な面、それを個性としてとらえたとき初めて社会の中での自分自身の価値というものがわかってきます。

子供にとってはのびのび自由を楽しむ子どもにとって自由遊びは楽しいものですが、与えられた遊びをこなしていくような子供にとって自由ということがストレスになってしまうこともあります。
子供の個性をよく知っている保護者としてどこの幼稚園に入園させるかとても悩むところかと思いますが、決して「こんな子に育ってほしいから」という目線だけで園を選ばないようにしてください。

幼稚園では社会規範にそった生活が送れるよう、初歩の能力を育てるのに適した環境が整っています。
職員と園児との接し方で社会性を身に着けていくこともねらいとしているので、親は家庭においても近隣住人や親戚づきあいのなかでも学んでいけるよう接してあげてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ